軽いうつ病だった彼女との思い出を精算する為に

ドライブする度蘇る思い出に耐え切れず、車を査定にだした

それから二人は車を降り、ぼくに手を振ると雪の路を並んで歩いていった。ボストンバッグをさげた少女のうしろ姿は、妙にぼくの心に強い印象をあたえた。二人はたくさんの燈火が、列車の窓のように並んでともっている灰色の建物のほうへ近づいてゆき、やがてその建物に吸いこまれて見えなくなった。ぼくは2CVの窓からそれを見送った。そして、車をとめたまま、煙草に火をつけた。寒気はきびしく、風も出てきた。しばらくそうしていたが、寒くなったので車のヒーターを強くして走りだした。

灯のともった建物の前を通過するとき、ふり返って眺めると、色あせた看板の字がぼんやりと見えた。〈精神神経科〉という文字がちらと視界をかすめた。ぼくはフランス式にアクセルを床まで踏んづけてその建物をパスした。半年ほどたって、その建物の前を通ったことがあった。あの時とちがって、いつの間にかそのあたりには沢山の新しい住宅が建ちはじめていた。その病院だけが陰気に取り残されたような感じだった。あの少女はこの建物にまだいるのだろうか、と、ぼくは考えた。

たぶん彼女は軽いうつ病だったにちがいない。状態がいいときは自宅にいて、シューブがくると入院する患者さんがよくいるものだ。うつ病がどんなにつらい病気かということを、ぼくは知っていた。ぼく自身の体験からではなく、ぼくの母親が以前、何度か入院したことがあったからだった。母は二度、自殺をはかった。それも病状が少しずつ好転してきて、表情や動作に明るさがもどってきた矢先にである。あの少女もそのことを知っていた。あのときの彼女は、逆に少しずつうつ状態が深まりはじめる時期だったのだろう。
信頼できるタクシー会社の選び方や、タクシー会社への転職の仕方についてくわしく解説している転職サイトが、タクシー転職という人気の転職サイトです。


新着情報
2015/01/05 おすすめ記事を更新しました。
2015/01/01 新着記事を更新しました。
2014/12/31 性格も素直そうを更新しました。
2014/12/28 自動車を愛するを更新しました。
2014/12/26 生き甲斐を更新しました。
2014/12/24 アンドレ・シトローエンを更新しました。
2014/12/23 ドライブする度蘇る思い出に耐え切れず、車を査定にだしたを更新しました。
2014/12/20 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
かんたん車査定ガイドJCM車買取比較.com
かんたんに中古車の買取、査定ができる車査定ガイド。気軽に自宅で買い取り価格を調べられます。社団法人中古自動車販売協会連合会と大手企業20社の出資提携により設立。カーセンサーを出版。最大10社の業者の査定が一括でできるので業者選びが簡単にできます。